産業情報 > 農業 > 経営支援 > 認定農業者制度

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

認定農業者制度

認定農業者制度とは、喜界町が農業経営基盤強化促進法に基づき、喜界町の実績に即して作成した農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想(以下、「基本構想という。」)に示されている農業経営の目標に向けて、自らの創意工夫に基づき、経営の改善を進めようとする計画を喜界町が認定し、これらの認定を受けた農業者に対して重点的に支援措置を講じようとする制度です。

認定の手続き

認定を受けようとする農業者は、次のような内容を記載した「農業経営改善計画書」を提出する必要があります。

  1. 経営規模の拡大に関する目標(作付面積、飼養頭数、作業受託面積)
  2. 生産方式の合理化の目標(機械・施設の導入、新技術の導入等)
  3. 経営管理の合理化の目標
  4. 農業従事の様態等に関する改善の目標

認定基準

喜界町による農業経営改善計画の認定を受けるための要件は次のとおりです。

  1. 計画が喜界町の基本構想に照らして適切なものであること。
  2. 計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること。
  3. 計画の達成される見込みが確実であること。
  • 喜界町の認定基準農業所得目標300万円以上

認定農業者になると

  • 低利の政策資金
  • 農業委員会による農地利用集積の支援
  • 農業者年金保険料の国庫助成等

 

 

お問い合わせ

喜界町役場農業振興課農政チーム

〒891-6292 鹿児島県大島郡喜界町大字湾1746番地

電話番号:0997-65-3689

ファックス番号:0997-65-4316

メールアドレス:sangyo-g2@town.kikai.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る