くらしの情報 > 自然 > サンゴ礁でできた生まれたての島で生きる ~ジオパークを目指して~

更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

サンゴ礁でできた生まれたての島で生きる~ジオパークを目指して~

喜界島は生まれたての島

 海の生きものであるサンゴが作り上げたサンゴ礁が、そのままの形で陸になった島、喜界島。

 喜界島は、生まれたての島です。といっても10万年前の話なのですが・・。しかし、地球の歴史からみれば、喜界島は生まれたての島なのです。なぜかって?

 地球の歴史46億年を1年と見たとき、喜界島が生まれたのは、大みそかの12月31日の午後11時48分です。年が明ける直前に、喜界島は生まれたからです。(ちなみに、大陸からわかれた日本列島が、今の場所にたどり着いたのは12月30日午後5時32分の出来事です。)

kikaizima2

空から見た喜界島

大地とつながる喜界島の暮らし

サンゴの土から生まれた喜界島のゴマ

 ゴマの国内最大の産地の喜界島。

 喜界島のゴマの特徴は、カルシウムなどのミネラル分が含まれていることです。その理由の一つに、喜界島の土と関係があるといわれています。喜界島の土は、サンゴからできています。サンゴには、カルシウムが多く含まれることから、ここに、ゴマと、サンゴでできた大地「喜界島」とのつながりを見ることができます。

喜界島の畑の土の種類(PDF:47KB)

ゴマ石垣

サンゴの石垣に立てかけて干されているゴマ

サンゴの石垣

 サンゴの石は、喜界島の海岸で簡単に手に入ります。また、それほど固くないのでいろいろな形に削ることができます。そのため、家をめぐらせる石垣に利用されています。

地球のダイナミックな動きが造った天然の「防風垣」

 喜界島の東側(太平洋側)は、高さ150メートルから200メートルの崖が続いています。この崖は、サンゴ礁をそのまま持ち上げた地球のダイナミックな動きが造り上げました。

 崖の下にある集落の一つ、阿伝集落では、昔から野菜などの園芸作物が栽培されてきました。一方で、喜界島のように四方を海に囲まれ一年中風が吹きつける所では、園芸作物の栽培は難しいと考えられています。

 では、なぜ阿伝集落では昔から園芸作物の栽培が行われてきたのでしょうか?

 その理由の一つに、阿伝集落の西にそびえる崖が天然の「防風垣」となって冬の強い季節風を防いでいるためと考えられます。

阿伝崖

阿伝集落の後ろにそびえる崖

なぜジオパークを目指すのでしょうか?

 ジオパークの、ジオとは大地、パークとは公園のことです。公園といってもブランコとかがあるような公園ではありません。

 普段私たちは、足元にある大地のことを意識することはありませんが、喜界島の身近な暮らしにある、例えばサンゴの石垣、喜界島の土ができる野菜や果物、湧き水を使った焼酎などあらゆるものが大地とつながっています。

 喜界島の大地の特徴は、世界でもトップのスピードで海から持ち上がってできたサンゴ礁からできていることです。この喜界島の特徴であるサンゴ礁の大地と喜界島の身近なものとのつながりを知り、喜界島の新しい価値に気づき、これからも守っていこうという意識を高める場所がジオパークです。

 ジオパークの認定を受けることで、喜界島がジオパークという冠をかぶり、島外からより多くの方が訪れたくなるような島、そして喜界町の皆様がさらに喜界島に誇りを持ち、子や孫の世代が住んでよかったと思える「元気な島」を実現するためにジオパークを目指しています。

喜界島のジオとつながる物語

 喜界島のジオとつながる物語をご紹介します。

「ジオの恵みと喜界島」(PDF:293KB) 「広報きかい」令和3年8月号 連載「ジオと喜界島」より

「ジオと集落」(PDF:446KB) 「広報きかい」令和3年9月号 連載「ジオと喜界島」より

「ジオと阿伝集落」(PDF:427KB) 「広報きかい」令和3年10月号 連載「ジオと喜界島」より

「ジオとお酒」(前編)(PDF:155KB) 「広報きかい」令和3年11月号 連載「ジオと喜界島」より

この巨岩は、どこからきたのだろう?(PDF:204KB)

あ、海に落としてしもーた。(PDF:210KB)

地下に水を貯める。(PDF:140KB)

太平洋戦争のときのもう一つの飛行場(PDF:188KB)

「ジオとお酒」(後編)(PDF:471KB) 「広報きかい」令和3年12月号 連載「ジオと喜界島」より

田芋の田楽、おいしいよ。(PDF:243KB)

「ジオと在来種の作物と農業」(PDF:205KB) 「広報きかい」令和4年1月号 連載「ジオと喜界島」より

高いところが平ら。(PDF:150KB)

穴があったら入りたい。(PDF:168KB)

水道水(PDF:128KB)

崖の急な坂道を馬が通る。(PDF:201KB)

砂浜のほとんどない喜界島で、島唄の舞台となった塩道長浜(PDF:127KB)

「ジオと遺跡」(PDF:194KB) 「広報きかい」令和4年2月号 連載「ジオと喜界島」より

「海から上がってきたのか?」はたまた「山から落ちてきたのか?」(PDF:179KB)

海岸に段ができている。(PDF:220KB)

「ジオと未来」(PDF:386KB) 「広報きかい」令和4年3月号 連載「ジオと喜界島」より

喜界島のジオをもっと知りたい方へ

小学生向けパンフレット(PDF:3,638KB)

喜界島ジオガイド(PDF:4,680KB)

喜界島サンゴ礁科学研究所

ジオパークをもっと知りたい方へ

日本ジオパークネットワーク(外部サイトへリンク)

喜界島をフィールドにさまざまな分野を【まなび】ながら高校生活を送りませんか?~「サンゴ留学」のご案内~

 「サンゴ留学」とは、高校生が3年間を喜界町が指定する寮に入り、鹿児島県立喜界高等学校に通いながら、喜界島サンゴ礁科学研究所で喜界島をフィールドにさまざまな分野を【まなぶ】留学制度です。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

喜界町役場企画観光課 

鹿児島県大島郡喜界町湾1746番地

電話番号:0997-65-3683

ファックス番号:0997-65-4316

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る