くらしの情報 > 税金 > 法人税

更新日:2019年10月18日

ここから本文です。

法人税

法人町人税とは

法人町民税は、町内に事務所や事業所がある法人等に課税されます。

納税義務者である法人が、資本金等の額や町内従業員数に応じて負担いただく「均等割」と法人税額に応じて負担していただく「法人税割」を申告し、その税額を納付する仕組みとなっています。

納税義務者

法人町民税の納税義務者は下記のとおりです。

 

 

納税義務者

均等割

法人税割

町内に事務所又は事業所を有する法人

課税

課税

町内に寮等を有する法人で喜界町内に事務所又は事業所を有しないもの

課税

町内に事務所又は事業所を有する公益法人等で収益事業を行っているもの

課税

課税

町内に事務所又は事業所を有する公益法人等で収益事業を行わないもの

課税

 

税率

均等割額は、資本金等の額や町内従業員数に応じて下記のとおり課税されます。

法人等の資本等の金額区分

町内の事務所等の従業員数

50人以下

50人超

公共法人及び公益法人等(収益事業を行う独立行政法人を除く)

人格のない社団等

一般社団法人及び一般財団法人

保険業法に規定する相互会社以外で資本金の額又は出資金の額を有しない法人

5万円

1千万円以下のもの

5万円

12万円

1千万円を超え1億円以下のもの

13万円

15万円

1億円を超え10億円以下のもの

16万円

40万円

10億円を超え50億円以下のもの

41万円

175万円

50億円を超えるもの

41万円

300万円

 

法人税割額は、法人税額(国税)に税率を乗じて算出した額が課税されます。

 

 

 

事業年度の開始日

平成26年9月30日以前

平成26年10月1日以降

令和元年10月1日以降

税率

12.3%

9.7%

6%

 

申告納付

主な申告の種類等は下記のとおりです。

申告の種類

納付税額

申告納付期限

中間申告

(事業年度が6か月を超え、法人税の中間申告額10万円を超える法人)

予定申告

均等割額と前事業年度の法人税額の2分の1の額との合計額

事業開始年度の日から6か月を経過した日から2か月以内

仮決算による中間申告

均等割額とその事業年度開始の日から6か月を1事業年度とみなして計算した法人税額との合計

確定申告

均等割額と法人税割額の合計額(予定・中間申告による納付がある場合はその税額を差し引きます)

事業年度終了の日から2か月以内(申告期限延長の特例あり)

 

法人の事業異動等申告書

事業を開始し、又は事務所若しくは事業所を設けた、所在地の移転、名称変更、事業年度変更等法人の内容について異動があったときは、その事実が発生した日から20日以内に「法人の事業異動等申告書(エクセル:37KB)」を喜界町役場税務課まで提出してください。

添付書類・・・登記簿謄本又は定款の写し

法人町民税納付書

喜界町の法人町民税の納付にご利用ください。

法人町民税納付書(エクセル:61KB)

お問い合わせ

喜界町役場町民税務課税務地籍チーム住民税係

〒891-6292 鹿児島県大島郡喜界町大字湾1746番地

電話番号:0997-65-3686

ファックス番号:0997-65-4316

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る