更新日:2018年3月28日

ここから本文です。

掩体壕

掩体壕(えんたいごう)とは、戦闘機を敵の攻撃から守る格納庫です。
太平洋戦争末期、現在の喜界空港は沖縄方面の敵艦隊へと向かう襲撃機・特攻機が整備・給油を行うための中継飛行場となっていました。戦闘機を米軍の爆撃から守るため、島内の50数箇所に掩体壕が建設されていましたが、有蓋コンクリート製はこの一箇所だけで、コンクリート製の掩体壕は主に戦闘機の整備場として使用されていました。

掩体壕01

施設情報

住所

喜界町湾

その他

駐車場有り(無料)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る