くらしの情報 > 健康・医療 > 新型コロナウイルスについて(詳細情報)

更新日:2020年8月13日

ここから本文です。

新型コロナウイルスについて(詳細情報)

喜界町からのメッセージ

 

型コロナウイルス感染症については、同じ離島の与論町でクラスターが発生するとともに、都市部を中心に感染者が急増し、全国的に拡大傾向にあります。

界町は離島という地域柄、医療体制が十分に整っておらず、重症化リスクが高い高齢者の方も多くいらっしゃいます。夏休みやお盆のシーズンを迎え、人の移動が活発になることが予想される中、引き続き強い危機意識を持って感染症の発生防止、感染拡大防止に努めてまいります。



盆休みでの帰省や休暇を利用した観光等での来島を予定されている方につきましては、旅行2週間前から毎日検温を行うなどの健康観察を行ってください。発熱の症状があるなど健康状態に少しでも懸念がある場合は来島を控えてください。

た、来島の際には、手指消毒やマスクの着用など、感染防止対策を万全に行ってください。特に高齢者や基礎疾患のある方と会われる際には、細心の注意を払ってください。

島を予定されている皆様は、お住いの自治体の自粛要請等の趣旨に沿って慎重に判断してください。


民の皆さまにおかれましても、マスクの着用や手指消毒を徹底し、外出時には「三つの密のある場」を避けていただくようお願いいたします。

外への移動についても、移動先地域の感染者発生の動向を踏まえた上で、慎重な行動判断に努めていただくようお願いいたします。移動する際には手指消毒やマスクの着用、感染防止対策を万全に行ってください。

 

 

喜界町新型コロナウイルス感染症対策本部長

 

 

新型コロナウイルス感染防止に関する要請事項

界町は離島という地域柄、医療体制が十分に整っておりません。

ずは、ウイルスを持ち込まないことが最も重要なことです。

た、日常生活において感染防止の取り組みを徹底しておくことが、万が一ウイルスが入った場合でも感染拡大を抑えることにつながります。

人一人が強い危機意識を持って徹底した取り組みを行っていただくようお願いいたします。

1界島への来島について

6月19日以降、下記の感染防止対策を徹底した上で、基本的には全ての都道府県からご来島いただけます。

ただし、各都道府県の感染症発生の状況によっては、一部地域を対象に自粛、延期の要請をさせていただくことがございます。

た、本町の医療体制が十分でないことや高齢者の方が多くいることにかわりはございません。来島される皆様におかれましては、各地域の感染者発生の動向を踏まえた上で、引き手続き慎重な行動判断に努めていただくようお願いします。

 

■マスクの着用など咳エチケットの徹底

■来島前には毎日体温測定を行うなど、健康観察の徹底

発熱等の症状や強いだるさ・息苦しさがある場合は、帰国者・接触者相談センター(名瀬保健所0997-52-5411)へ事前に連絡し、指示を仰ぐ

■空港や港などで実施される検温への協力

 

 

喜界島に来られるみなさんへお願い」(PDF:147KB)

 

 

2外への移動について

6月19日以降、下記の感染防止対策を徹底した上で、基本的には全ての都道府県へ移動することができます。

ただし、各都道府県の感染症発生の状況によっては、一部地域を対象に自粛、延期要請をさせていただくことがございます。

また、本町における医療体制の脆弱性や高齢者の方が多くいることにかわりはございません。島外へ移動される皆様におかれましては、移動先地域の感染者発生の動向を踏まえた上で、引き手続き慎重な行動判断に努めていただくようお願いします。

 

■マスクの着用など咳エチケットの徹底

■帰島前には毎日体温測定を行うなど、健康観察の徹底

3染拡大防止の徹底

三つの密(密閉、密集、密接)」を徹底的に避けるとともに、手洗いや人と人との距離の確保などの基本的な感染対策を継続するという、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を徹底してください。

 

3つの【密】を避けましょう!:注意喚起チラシ(PDF:933KB)

厚生労働省ホームページ:「新しい生活様式」について(外部サイトへリンク)

 

4会やイベントでの対応

種団体等による集会や行事など、人が多く集まるイベント屋内イベントは「収容定員の半分以下の参加人数とすること」、屋外イベントは「人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2m)」を前提に実施してください。十分な対応がとれない場合は、中止や延期してください。

 

5業者の皆さまへお願い

後は感染予防策を継続しながら社会経済活動を再開していかなければならない状況を踏まえ、町民の皆さまや島外からの皆さんが安心して利用していただけるよう、特に以下の点について徹底した取り組みを行っていただくようお願いします。

 

■店舗の出入り口及びトイレの出入り口への手洗い用消毒液の設置

喜界町において感染者の確認はありません。

在、喜界町での新型コロナウイルス感染者の確認はありません。

 

民の皆さまにおかれましては、厚生労働省・鹿児島県・町ホームページなどをこまめにチェックし、新型コロナウイルス感染症をめぐる状況の的確な把握に努めてください。

民一丸となって、新型コロナウイルスによる危機を乗り越えていきましょう。

 

お、この「感染者確認の有無」情報については、感染者の確認等があった場合には速やかに更新し、情報をお伝えさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

喜界町における新型コロナウイルス感染症への対応・対策について

町内で感染が確認された場合の対応について

町で感染が確認された場合、感染者本人は原則指定された医療機関に入院します。その後、保健所による感染経路の追跡、濃厚接触者の確認が行われます。

在のところ対処療法が中心のため、症状を緩和するための治療がなされます。

篤な症状になった場合には、県が自衛隊等に搬送要請することになります。

 

PCR検査について

染の確認に用いられるPCR検査については「帰国者・接触者外来」及び「指定された地域の医療機関」で検体の採取ができますが、医療機関名は非公表となっています。

また、保健所管内ごとの検査数についても基本的に非公表で、検査の段階では個人情報を含め喜界町へ情報が提供されることはありません

本町では検査結果が出るまで、2~3日程度かかります。

 

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の相談の目安について

なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター(名瀬保健所:0997-52-5411)」にご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

 

重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(POCD)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 

上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合には、すぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

(妊婦の方へ)

婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに「帰国者・接触者相談センター」等にご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)

児については、小児科医による診察が望ましく「帰国者・接触者相談センター」やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

 

 ■相談先について

帰国者・接触者相談センター(名瀬保健所)」 電話:0997-52-5411

 

一般的な問い合わせなどはこちら

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

 

厚生労働省相談窓口電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)受付時間:9:00~21時00分(土日・祝日も実施)

 

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方FAX:03-3595-2756

 

空や海の玄関口における対応について

空港での検温実施

喜界空港において到着便から降りてくる乗客全員を対象に非接触型体温計にて検温を実施しています。

37.5℃以上の熱があった方については、島内での滞在期間や連絡先についてのアンケートを実施するとともに、相談先の県内保健所「帰国者・接触者相談センター」の情報が載ったチラシを渡しています。

 

 

フェリー乗船前の検温実施

旅客フェリーについても、乗船前の全乗客について非接触型体温計にて検温を実施するとともに、島内での滞在期間や行き先等についてのアンケートを実施しています。

37.5℃以上の熱があった方については、乗船をお断りしています。

 

 

 

風評被害の抑止を!

染症流行のもう一つの怖さは風評被害です。興味本位の情報発信や差別的発言等により感染者やその家族が追い込まれることがあります。

公的機関が発信する正確な情報」を取得し、新型コロナウイルス感染症に対する正しい知識や状況に基づいて行動するようお願いいたします。

 

感染予防の取り組み継続を!

型コロナウイルス第一波の流行は収まりつつありますが、油断をすると再び感染が広がる心配があります。

人一人が「新しい生活様式」の徹底で感染予防委努めましょう

 

 

1人ひとりの基本的感染対策

 

感染防止の3つの基本:①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い

■人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

■遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ。

■会話をする際は、可能な限り真正面を避ける

■外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

■家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。

手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)

 

高齢者や持病のある重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。

 

移動に関する感染対策

■感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。

■帰省や旅行はひかえめに。出張はやむを得ない場合に。

■発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。

■地域の感染状況に注意する。

 

2常生活を営む上での基本的生活様式

■まめに手洗い・手指消毒

■咳エチケットの徹底

■こまめに換気

■身体的距離の確保

■「3密」の回避(密集、密接、密閉)

■毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養

 

3常生活の各場面別の生活様式

 

買い物

■1人または少人数ですいた時間に

■計画をたてて素早く済ます

 

食事

■大皿は避けて、料理は個々に

■お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて

 

冠婚葬祭などの親族行事

■多人数での会食は避けて

■発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

 

4「新しい生活様式」における熱中症の予防を!

型コロナウイルス感染症予防のための「新しい生活様式」では、マスクの着用等により高まる熱中症のリスクを避けるため、例年以上に暑さを避ける工夫や適宜マスクをはずすなどの取り組みが必要となります。

 

さを避けましょう

■感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整

■暑い日や時間帯は無理をしない

■涼しい服装にする

■急に暑くなった日等は特に注意する

 

宜マスクをはずしましょう

■気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意

■屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす

■マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩 

 

まめに水分補給しましょう

■のどが渇く前に水分補給

■1日あたり1.2リットルを目安に

■大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

 

頃から健康管理をしましょう

■日頃から体温測定、健康チェック

■体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養

 

さに備えた体作りをしましょう

■暑くなり始めの時期から適度に運動を

■水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

■「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度

 

 

その他の情報について

○高齢者の方に知っていただきたい情報(外部サイトへリンク)

○妊婦の方々に向けた対策(外部サイトへリンク) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

喜界町役場保健福祉課健康増進係

〒891-6292 鹿児島県大島郡喜界町大字湾1746番地

電話番号:0997-65-3522

ファックス番号:0997-65-4316

メールアドレス:hohuku-h@town.kikai.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る