ホーム > キラリと輝くいい島 > おかえり!喜界馬!!

更新日:2019年2月12日

ここから本文です。

おかえり!界馬!!

さん、久しぶりに喜界島に「喜界馬」が帰ってきました。今回帰ってきたのは「トカラウマ」の「グラッシー(小さな草の意)」で平成28年5月生まれのメスです。1月24日には歓迎セレモニーも行われました。

さん、「なぜトカラウマ喜界馬なの?」と思われるかもしれませんね。実はトカラウマは、明治30年に喜界島からトカラ列島の宝島へ渡った喜界馬の子孫なんです。

界島では喜界馬の最後の1頭が平成2年に死亡して剥製となり、中央公民館に展示されています。一方、トカラ列島の中之島では喜界馬の子孫トカラウマが現在も20頭ほど飼育されています。今回、十島村役場の好意により、中之島で飼育されているトカラウマの中の1頭が喜界島へやってきたのです。現在は、伊実久にある牧場で大切に飼育されています。

ってきた島の宝「喜界馬」。皆さんで大切に見守っていきたいものですね。

しくは「広報きかい1月号」の11ページをご覧ください。

喜界馬1

喜界馬2

喜界馬3

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

喜界町役場企画観光課広報係

〒891-6292 鹿児島県大島郡喜界町大字湾1746番地

電話番号:0997-65-3683

ファックス番号:0997-65-4316

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る