くらしの情報 > 自然 > 「ジオパーク」を目指して

ここから本文です。

更新日:2021年9月21日

「ジオパーク」を目指して

喜界島の大地は、サンゴが作った。

 海で生きたサンゴが作り上げたサンゴ礁が、そのままの形で陸になった島、喜界島。

 そのため、喜界島は平らで、テーブルのような大地をしています。また、喜界島の最高地点から海岸までのあちらこちらでサンゴの化石を見ることができます。

ゴマと、サンゴでできた大地「喜界島」とのつながり

 ゴマの生産量が日本一の喜界島。

 喜界島のゴマの特徴は、カルシウムなどのミネラル分が含まれていることです。その理由の一つに、喜界島の土と関係があるといわれています。喜界島の土は、サンゴからできています。サンゴには、カルシウムが多く含まれることから、ここに、ゴマと、サンゴでできた大地「喜界島」とのつながりを見ることができます。

農業と、平らな大地「喜界島」とのつながり

 喜界島の主な産業の一つは農業です。

 喜界島の土地の半分は、畑に利用されています。畑の面積がこれほど大きいのは、サンゴ礁でできた喜界島が平な島であることが、畑としての利用に適していたためと考えられます。

喜界島2

 

「ジオパーク」を目指して

 ジオパークの、ジオとは「大地」、パークとは「公園」のことです。

 ゴマや農業だけではなく、喜界島の暮らしの中にある様々な宝を喜界島の大地「ジオ」とつなげることで新たな物語が生まれます。喜界島全体を一つの公園「パーク」ととらえ、喜界島に住む方、訪れる方に、「ジオ」とつながる楽しい物語を学んで頂き、観光や産業の振興につなげます。

 喜界町は、この「ジオパーク」を目指しています。

喜界島の「ジオ」とつながる楽しい物語

  喜界島の「ジオ」とつながる楽しい物語をご紹介します。

 「ジオの恵みと喜界島」(PDF:293KB) 「広報きかい」令和3年8月号 連載「ジオと喜界島」より

 「ジオと集落」(PDF:446KB) 「広報きかい」令和3年9月号 連載「ジオと喜界島」より

喜界島の「ジオ」をもっと知りたい方へ

 喜界島ジオガイド(A4判)(PDF:2,962KB)

 喜界島ジオガイド(A3判)(PDF:2,928KB)

 喜界島サンゴ礁科学研究所

 

「ジオパーク」をもっと知りたい方へ

 日本ジオパークネットワーク(外部サイトへリンク)

喜界島の「ジオ」を研究しながら高校生活を送りませんか? ~「サンゴ留学」のご案内~

  喜界島には、日本で唯一のサンゴの研究に特化した研究所「喜界島サンゴ礁科学研究所」があります。

 「サンゴ留学」とは、高校生が、3年間の高校生活を喜界島サンゴ礁科学研究所でサンゴの研究をしながら高校に通う留学制度です。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

喜界町役場企画観光課 

鹿児島県大島郡喜界町湾1746番地

電話番号:0997-65-3683

ファクス:0997-65-4316

ページの先頭へ戻る