本文へジャンプメインメニューへジャンプ
蝶の飛び交う隆起珊瑚礁の島きかい
  
ようこそ喜界町へ
まちの話題
くらしの便利帳
喜界町のみどころ
喜界町今昔
教育と文化
健康と福祉
広報誌
防災情報
リンク
健康相談
役場へのお問い合わせ

喜界町役場
〒891-6292
鹿児島県大島郡喜界町大字湾1746番地
tel:0997-65-1111
fax:0997-65-4316
文字のサイズ縮小標準拡大 サイト内検索

観光情報




 長い歳月にわたって波しぶきにうたれ、いろいろな形をした珊瑚礁ある遊歩道。島人は「夕日の散歩道」とも呼び大島本島を望み、落日の金色で染められた景観は感動的なものがある。
 また、年中釣り人のたえない島随一の大物が釣れる場所である。

遊歩道雄大な景観を望む
夕日の散歩道



 平家転覆の陰謀が暴露し、喜界島に流罪された俊寛僧都は、赦免されることなく、この地に亡した。
 坊主前(ボウズンメイ)と呼ぶこの地に墓があり、島の人々や観光客の供える花や線香はたえない。

俊寛の墓



 ソテツは、雄雌異株でこの巨木は雄木である。雌木は赤い梅大位の球果が着生する。果実からは澱粉が採取され食用にも利用されていたが現在は利用していない。生葉を生食すれば酒酔いに有効とされている。庭園、公園樹として最適である。
 樹高6メートル、胸高囲4.2メートル、樹齢約300年

ソテツ巨木



 島の中央部に広がる標高203メートル、約700ヘクタールの広大な隆起珊瑚礁の高台地、眼下にはエメラルドグリーンに輝く珊瑚礁の海、太平洋と東シナ海が一望できる絶景の地で、奄美十景のひとつでもある。台地周辺はハイビスカス等熱帯の花々が咲く。

海を一望できる展望台奄美十景


【印刷専用画面表示】
ページ上部へ戻る
このサイトについて個人情報について著作権・免責事項サイトマップお問い合わせ