本文へジャンプメインメニューへジャンプ
蝶の飛び交う隆起珊瑚礁の島きかい
ようこそ喜界町へ
まちの話題
くらしの便利帳
喜界町のみどころ
喜界町今昔
教育と文化
健康と福祉
広報誌
防災情報
リンク
健康相談
役場へのお問い合わせ

喜界町役場
〒891-6292
鹿児島県大島郡喜界町大字湾1746番地
tel:0997-65-1111
fax:0997-65-4316
文字のサイズ縮小標準拡大 サイト内検索

保護蝶オオゴマダラ


オオゴマダラ蝶・生息地 オオゴマダラの一生


オオゴマダラ蝶(大胡麻斑蝶)

オオゴマダラ蝶の写真
 オオゴマダラ蝶は、マダラチョウ科で、羽には白地に黒のマダラ模様、羽を広げると15センチメートルもある大型の美しい蝶で優雅に舞う姿から“南の島の貴婦人”とも呼ばれている。
 食草のホウライカガミ(キョウチクトウ科)とともに喜界島が北限と見なされている。
 町は<オオゴマダラ保護条例>を制定。平成元年3月24日公布した。


生息地

 オオゴマダラは暖かい地方で見られ、海外ではインド・東南アジアに広く分布し、中国南部や台湾にも生息している。
 日本では、沖縄・奄美諸島で見られる。喜界島では、1971年〜1972年頃に初めて発見された。

オオゴマダラの生息地


【印刷専用画面表示】
ページ上部へ戻る
このサイトについて個人情報について著作権・免責事項サイトマップお問い合わせ